前橋市 羽生田眼科医院 日帰り白内障手術 眼科全般対応 前橋駅より徒歩5分

眼内レンズについて

  • HOME »
  • 眼内レンズについて

白内障手術で使用する人工レンズ(眼内レンズ)には、「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」の2種類があります。

単焦点レンズ

「単焦点眼内レンズ」は、ある1点にピント(焦点)が合うレンズです。
そのため、若い頃のように見たい距離にピントを合わせることができず、ほとんどの場合、眼鏡が必要となります。
例えば、遠くに焦点が合っている場合には近用の老眼鏡が必要となり、近くに焦点が合っている場合は遠方用の眼鏡が必要となります。

乱視用レンズ

単焦点レンズと同じで、ピント(焦点)の合う距離は1つです。
乱視が強い方に適応がありますが、術前検査で角膜形状を詳しく検査し、必要と認められた方のみこのレンズを選択します。(自分で選択するわけではありません)

【多焦点レンズ】先進医療(自費)

「多焦点眼内レンズ」は、遠くと近くが見える遠近両用の眼内レンズです。遠方と近方の両方にピントが合うため、眼鏡に依存しない日常生活、またはメガネの使用頻度を減らすことが可能となり、QOL(Quality of Life)が向上出来る可能性があります。

「多焦点眼内レンズ」は高機能眼内レンズですが、設計が複雑なため、利点だけでなく欠点もあります。

多焦点眼内レンズは、眼の中に入ってきた光を振り分けてしまうため、光を全て活用する通常タイプの単焦点眼内レンズより、見え方の質が劣ってしまう(コントラストの低下)可能性があります。よって、見え方の質にこだわりを持っている方、細かいことが気になりいろいろと考え込んでしまう神経質な方には向かない場合があります。また、多焦点眼内レンズを使いこなすために高度の網膜機能が必要であるため、網膜疾患などの病気に罹患している場合や非常にご高齢な方などは網膜の機能自体が落ちている可能性があり、見え方の質が劣ってしまうため、非適応となることがあります。また、瞳孔が大きくなっている状態(薄暗い所、暗いところ)で、光が少し滲む、流れるなどの特徴(グレア・ハロ)があります。このため、夜間、車の運転時に気になる方がいらっしゃいます。多くの方は、この現象を感じますが、生活や仕事に影響するような程度になることは少ないと言えます。

実際にはこれらの欠点よりも、遠方近方両方が見える魅力の方が勝っているために、国内外の報告でも、概ね9割強の方が満足をしています。ただ、残り1割弱の不満例の中で、上記のような現象が容認できず、再手術によって単焦点眼内レンズに入れ替えるケースが、国内では、1.2%程にみられています。

見え方のイメージ画像

単焦点(遠方)
単焦点(近方)
多焦点

当院での『多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術』について

2018年5月1日より、先進医療認定施設になりました。先進医療として認められた多焦点眼内レンズ挿入術は保険対象外となるため自費負担となりますが、手術前や手術後の診察・検査は保険適応となり、患者様の負担が減ります。
任意保険に加入している方は先進医療特約が使えます。生命保険会社の契約内容をご確認下さい。

費用:片眼40万円(税込)※クレジットカード使用可能です。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 027-226-1010 診療時間 9時~18時、土曜13時まで(日祝休)

PAGETOP
Copyright © 羽生田眼科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.