前橋市 羽生田眼科医院 日帰り白内障手術 眼科全般対応 前橋駅より徒歩5分

眼内レンズについて

  • HOME »
  • 眼内レンズについて

 白内障手術で使用する人工レンズ(眼内レンズ)には、「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」の2種類があります。

【単焦点レンズ】

 「単焦点眼内レンズ」は、ある1点にピント(焦点)が合うレンズです。そのため、若い頃のように見たい距離にピントを合わせることができず、ほとんどの場合、眼鏡が必要となります。例えば、遠くに焦点が合っている場合には近用の老眼鏡が必要となり、近くに焦点が合っている場合は遠方用の眼鏡が必要となります。

【乱視用レンズ】

 単焦点レンズと同じで、ピント(焦点)の合う距離は1つです。
乱視が強い方に適応がありますが、術前検査で角膜形状を詳しく検査し、必要と認められた方のみこのレンズを選択します。(自分で選択するわけではありません)

【多焦点レンズ】 選定療養(自費診療)

 「多焦点眼内レンズ」は、遠くと近くが見える遠近両用の眼内レンズです。遠方と近方の両方にピントが合うため、眼鏡に依存しない日常生活、またはメガネの使用頻度を減らすことが可能となり、QOL(Quality of Life)が向上出来る可能性があります。
 「多焦点眼内レンズ」は高機能眼内レンズですが、設計が複雑なため、利点だけでなく欠点もあります。
多焦点眼内レンズは、眼の中に入ってきた光を振り分けてしまうため、光を全て活用する通常タイプの単焦点眼内レンズより、見え方の質が劣ってしまう(コントラストの低下)可能性があります。よって、見え方の質にこだわりを持っている方、細かいことが気になりいろいろと考え込んでしまう神経質な方には向かない場合があります。また、多焦点眼内レンズを使いこなすために高度の網膜機能が必要であるため、網膜疾患などの病気に罹患している場合や非常にご高齢な方などは網膜の機能自体が落ちている可能性があり、見え方の質が劣ってしまうため、非適応となることがあります。また、瞳孔が大きくなっている状態(薄暗い所、暗いところ)で、光が少し滲む、流れるなどの特徴(グレア・ハロ)があります。このため、夜間、車の運転時に気になる方がいらっしゃいます。多くの方は、この現象を感じますが、生活や仕事に影響するような程度になることは少ないと言えます。
 実際にはこれらの欠点よりも、遠近両方が見える魅力の方が勝っているために、国内外の報告でも、概ね9割強の方が満足をしています。ただ、残り1割弱の不満例の中で、上記のような現象が容認できず、再手術によって単焦点眼内レンズに入れ替えるケースが、国内では、1.2%程にみられています。

見え方のイメージ画像

単焦点(遠方)
単焦点(近方)
多焦点

当院での『多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術』について

 先進医療認定施設として多くの患者さんに手術を行ってまいりましたが、  令和2年4月より、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は、厚生労働省が定める選定療養の対象となりました。選定療養とは、患者さんご自身が選択して受ける追加的な医療サービスで、追加分の費用が全額自己負担となります。当院は多焦点眼内レンズの白内障手術を行う医療機関として届出をしています。

【眼内レンズの種類と金額(選定療養)】

2焦点レンズ(AMO テクニス マルチフォーカル)

片眼 : 230,000円(税込) + 健康保険一部負担金
(乱視用はありません)

焦点深度拡張型レンズ(AMO テクニス シンフォニー)

片眼 : 230,000円(税込) + 健康保険一部負担金
(乱視用は、260,000円(税込)+ 健康保険一部負担金)

3焦点レンズ(Alcon パンオプティクス)

片眼 : 300,000円(税込) + 健康保険一部負担金
(乱視用は、320,000円(税込)+ 健康保険一部負担金)

健康保険一部負担金は、白内障手術の料金になります。

(片眼)1割負担の方は、13,600円~15,000円
2割負担の方は、18,000円
3割負担の方は、41,000円~45,000円
※当院での手術は、クレジットカードが使用可能です。

2焦点レンズ(AMO テクニス マルチフォーカル)

 加入度数が、+4D(ZMB00)、+3.25D(ZLB00)、+2.75D(ZKB00)の3種類あります。ライフスタイルに合わせて選ぶことが可能です。
+4Dは近方焦点距離が33㎝で読書や編み物など近距離を重視される方
+3.25Dは近方焦点距離が42㎝でPC作業や料理など近中距離を重視される方
+2.75Dは近方焦点距離が50㎝でスポーツや買い物など中距離を重視される方

https://www.surgical.jnjvision.jp/iols/multifocal

焦点深度拡張型レンズ(AMO テクニス シンフォニー)

 エシェレット回折デザインとアクロマティックテクノロジーという新しい技術を搭載した焦点深度拡張型の眼内レンズです。焦点深度拡張型とは、遠方から近方まで視力の落ち込みがないのが特徴で、自然な見え方に近いと言われています。50cm以下は近用眼鏡が必要となる可能性がありますが、マイクロモノビジョンという方法(両眼手術の場合に、左右の度数にわざと差をつけます)を用いて、近方までカバーすることが可能です。乱視の方にも対応しています。

3焦点レンズ(Alcon パンオプティクス)

 国内初承認の3焦点眼内レンズです。回折型の構造で、中間(+2.17D)と近方(+3.25D)が加入されていますので、「遠方(5m以遠)」だけでなく、「中間(60センチ)」、「近方(40センチ)」にもピントが合うような設計となっています。乱視の方にも対応しています。


https://www.cataract-iol.jp/

お気軽にお問い合わせください。 TEL 027-226-1010 診療時間 9時~18時、土曜13時まで(日祝休)

予約はこちら

最近の投稿

羽生田たかし

PAGETOP
Copyright © 羽生田眼科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.